健診補助システム
Mi-KENSHIN

【お問い合わせ】 受付時間/10:00~18:00

TEL.03-6240-0205

お問い合わせ

面倒な手作業巡回健診をもっと便利に…より快適で安全な健診現場を実現。

埼玉県の病院様との共同開発により完成!

健診補助システム「Mi-KENSHIN」は、貴院の巡回健診にきめ細かく対応いたします!

検診イメージ

健診の現場は今も紙媒体で作業を行っていることが多いです。 そんな現状を一新するシステムを弊社で開発いたしました。
大企業の同じような機能を持つシステムと比較すると、より低コストで気軽に健診現場に導入することが可能です。 今のシステムに高額なシステムを組み込んでしまっては、コストダウンになりません。
真のコストダウンを弊社の「Mi-KENSHIN」でご実感ください。

3つの導入メリット

  • 転記ミスゼロを実現
    検査結果の紙から転記が不要
    健診時にデータが即時入力されることで、手作業での業務が減り担当者の負担や転記・再入力によるミスを大きく防ぎます。 また、スムーズな健診の流れは、それ自体での検診満足度の向上に繋がり、 削減された工数の分だけ丁寧で確実な対応を行うことができるので、顧客としての受診者の満足度も向上させることに繋がります。
  • 大幅な残業時間削減を実現!
    入力工数削減による大幅なコストカット
    健診結果の「紙への手書き」から「健診先でのデータ入力」へと切り替わることによって、健診後の入力や検診漏れが大きく低減されます。 入力された情報を管理するため、結果表までのプロセスを大幅に短縮きるので手間が掛かりません。
  • 入金サイクルも改善!
    健診結果表発行までの工程を削減
    全体の工数を削減することによって健診実施から請求までの流れをよりスムーズに行うことができます。
    その結果、結果発送が早くなることで、入金サイクルを大きく改善することができます。

システム導入前後での工程比較

システム導入前

システム導入後

貴院にマッチしたカスタマイズで健診をサポートいたします。
貴院の業務にあったカスタマイズが可能です。
業界標準のMEDISフォーマットでの入出力に対応することで、今お使いの医療系システムとの親和性が優れていることが大きな特徴です。
また、簡単操作なので習得しやすく、導入後すぐに3つのメリットをご実感頂けます。

導入者の声

至聖病院様

スタッフの作業効率の向上、
残業時間削減を実現できました。

健診補助システム「Mi-KENSHIN」を皆人様と共同開発するにあたり当初の最大の目的は残業時間削減でした。導入前はOCRも検討しましたが、機械の読み取りエラーを防ぐために文字を清書したりエラー発生後の手入力での修正作業等が考えられ頭をかかえておりました。

そこで思い切って健診現場で入力ができないかと考え、皆人様と「タブレットでの健診」の開発をすすめる事になりました。

こちらからの細かい要望をすべて聞いていただき「Mi-KENSHIN」が完成しました。今までは健診現場で健診票に手書きで記入し、院内にて入力スタッフが手入力するという行程でした。そのため転記、入力ミスは多々ありました。しかし「Mi-KENSHIN」は現場で直接入力をし、院内で健診システムに取り込むことで入力ミスを防ぐことができます。それに伴い、健診結果納品(請求含む)までのリードタイムの短縮及びスタッフの作業効率の向上、結果として残業時間削減を実現できました。

とても素晴らしいシステムだと思います。今後も「Mi-KENSHIN」を使用することでさらなる成果を実感できることを期待しています。

至聖病院様外観

血圧データ入力時の画像イメージ
血圧データ入力時の画像イメージ
入力登録画面になっており、空欄に数字を直接入力して登録を押して完了になります。 このように誰でも簡単に操作できるので、導入後すぐに効果をご実感頂けます。
「Mi-KENSHIN」導入の様子
「Mi-KENSHIN」導入の様子
タブレットに導入した「Mi-KENSHIN」を実際に起動させている場面です。
貴院の合ったシステムをカスタマイズして導入しますので、ストレスなくお使い頂けます。

運用までの流れ

  1. 運用の流れ(1)
    サービス説明
    Mi-KENSHIN
    サービスの詳細説明
    運用の流れ(2)
    サービス申込
    仮申込で初期機材の必要台数等確定
    運用の流れ(3)
    本契約
    詳細金額の確認と本契約
    運用の流れ(4)
    貴院専用
    システム開発
    貴院だけの専用システムを開発
    運用の流れ(5)
    システム
    確認・追加
    システム動作確認と追加修正を実施
    運用の流れ(6)
    システム導入
    システム最終確認後システムの本導入
    運用の流れ(7)
    運用スタート
    タブレットシステムの運用開始
お問い合わせはこちら メールでのお問合せはこちら